我が家の家事、新入りお助けグッズ~鍋帽子~
こんにちは。
ようこそおいでくださいました。
快適生活を応援するライフオーガナイザー®
宮本ちかこ です。
高知県内でのお片付けサービスを提供しています。

昨年末に15年ぶりにパートを始めました。
通勤時間を含めると、家を空ける時間は7時間。
すると、時間の使い方にも変化が出てきました。
一番変化のあったのは、料理にかける時間。

メインの料理は炒めたり焼いたりした料理。
調理に手間がかかるの煮込み料理を作ることが少なくなっていました。

そんな時に、以前から気になっていた「鍋帽子」。
私が「高知友の会」に入会して知った調理のお助けグッズです。
「鍋帽子」は、布地の中にワタを詰めて作ったお鍋保温用の道具(?)。
見聞きして知ってはいたものの、その使い勝手についてはちょっと疑問でした。
ところが、その実力はかなりな働き者!
保温力はシチューなどを火を止めた直後に入れておけば、1時間以上は熱々のまま。

先日、実際に自分で作ってみる機会がありました。
好きな布地を選んで作るので、作っている途中からすっかりお気に入りに。
モコモコした手触りも癒されます(〃▽〃)

完成品(たまたまIHコンロの上に乗ってます)

こんな風に台座に帽子状の上の部分をかぶせて使います

筑前煮も5分ほど煮たら、鍋帽子を被せてそのまま放置するだけ。
1時間もすれば、味も染みて鶏肉も根菜も柔らかに。煮汁が煮詰まらないのもポイント!

じゃあ、片手鍋は?心配ご無用。
鍋帽子は逆さまにしても使えるんです。
いつもはル・クルーゼの鍋で作る温泉卵を片手鍋で作ってみたら、保温力のお陰で、上手に出来ました。


我が家は、家族の食事時間が1~2時間ほど時間差があります。
この鍋帽子を使いだしたおかげで、温めなおし不要で食卓に出せるようになりました。
火を使わないのでエコですし、お財布にも優しいと思います。
何より、安心して鍋から離れられるのが嬉しいです。
お鍋についている時間が減って、時間も節約ですね!
この生み出された時間で他の家事が進み、自分の時間も増えるというサイクルになれば良いなと思っています。
ちなみに、作るのはちょっと…と思う方は、「高知友の会」のセール(年2回6月・12月頃?)でも購入できます!

今日もお付き合いいただき有り難うございました。



< お問い合わせ >
引っ越しやライフスタイル・家族構成に変化のある時、
何だか家の中が暮らしにくいと感じた時、
南海トラフ地震に備え、モノを減らして安全に暮らしたい方にも。
今までの暮らし方や大切なモノを見直してみませんか?

お片付けのご相談・ご依頼は下記までお気軽にお問い合わせください。
ライフオーガナイザー®宮本ちかこ

「にほんブログ村」ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただけると励みになります(^_-)-☆

にほんブログ村



スポンサーサイト
[2018/03/09 09:10 ] | 便利なモノ | コメント(0)
<<【Get Organized week チャリティイベント】のお知らせ | ホーム | 毎日ずっとスッキリなわけじゃない、でもスッキリの方法を知っているから大丈夫>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |