FC2ブログ
実家の片づけ~着物編②~
こんにちは。
ようこそおいでくださいました。
快適生活を応援するライフオーガナイザー®
宮本ちかこ です。
高知県内でのお片付けサービスを提供しています。

気が付けばブログ更新がひと月滞ってしまい、すみませんでした。
先月は今年一番の忙しさで、時間の使い方が乱れてしまったことが原因です。
ブログを書くことも大切な発信の手段ですので、更新していかなくてはと気持ちを新たにしています。


さて、前回は義母の着物の整理を始めたお話をしました。
和ダンスの上半分に入っていたのは30枚の着物と羽織。
そのうち、義母が選んで残したものは3枚の着物のみ。

今回は和ダンスの下半分。
前回の作業終わり際にチラッと義母から聞いたのは、「下の段は、洋服が入ってると思う。」との言葉。

義母の立ち合いのもと、引き出しを開けた私の目に飛び込んできたのは・・・
引き出し一杯の着物でした。
一段目、二段目、三段目…。

先日は着物と羽織中心。
今回は、着物の小物類がたくさん入っていました。

着物 7枚(冬物)
羽織 13枚(冬物中心)
帯  11枚
帯どめ 4本
足袋 6足
長襦袢  13枚
15104002150.jpeg
15104002000.jpeg
15104001860.jpeg
15104001690.jpeg

昔、お茶とお花をしていた義母は着物を着る機会が比較的多かったとのこと。
今回の着物はそんな時に来ていた着物が多かったようです。
それに伴い小物や下着類もたくさん揃えていました。

これらの着物も、義母に一枚一枚話を聞きながら選び取る作業をしていきました。
そして最後まで見て、母が選んだ着物は一枚もありませんでした。
思い出が無いわけではないけれど、残しておきたいほど想いの強いものは無かったようです。

ところで、着物には季節に応じた布地を使うんですね。今回初めて知りました
(´∀`*;)ゞ
着物は絹で作るものと思っていたので、綿やウール・ポリエステルなどが布地になっているのが興味深かったです。
確かに絹だけだと、夏は暑そうだし、冬は寒そうですね…。

着物のことは、全くと言っていいほど知識のない私。
それでも義母が辛くないような手放し方(捨てる以外)をしたいと考えています。
知人の方に相談してみたものの、着物の需要が減っている現在ではなかなか引き取りも難しいようです。
今は、着物を和風小物づくりの材料にして活用することも考えています。
自分が裁縫が得意でしたら小物にリメイク出来るんですけど、趣味の範囲を出るほどの腕ではなく・・・。

先日テレビで、イスラム教徒の方が着物を民族衣装にリメイクをしているのを見ました。
着物の特徴である体のラインが出ないところが良いそうです。
そんな需要もあるのだなと思いながら、着物の活用に繋がってほしいと感じました。
もう少し手放し方については考えてみたいと思います。

今回、もう使わないであろう足袋や襦袢類、譲るには傷んでいる和装小物などは処分することにしました。
着物類は手放したわけではありませんが、先ずは必要なモノと必要ではないモノを分けることが出来ました。
必要では無いモノ程、必要なモノの陰に隠れやすいもの。
一つ一つ本当に必要なモノかを見極めていくことも大切です。

義母も、和ダンスの整理をしたいという希望が実現してホッとしたようです。
今回も身に余るお礼の言葉を下さってこちらが恐縮するほどでした。
私自身も義母の希望のお手伝いが出来たことが嬉しかったです。
今回の和ダンスの見直しをしたことで、義母の片づけの基準が「まだ使える」から「今の自分」に近づいてきたように感じます。
洋ダンスと押し入れの中の昔の服についても整理する方向に気持ちが動いてきました。

そのお話は、また次の機会にお話しします。


今日もお付き合いいただき有り難うございました。


< お問い合わせ >
引っ越しやライフスタイル・家族構成に変化のある時、
何だか家の中が暮らしにくいと感じた時、
南海トラフ地震に備え、モノを減らして安全に暮らしたい方にも。
今までの暮らし方や大切なモノを見直してみませんか?

お片付けのご相談・ご依頼は下記までお気軽にお問い合わせください。
ライフオーガナイザー®宮本ちかこ

「にほんブログ村」ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただけると励みになります(^_-)-☆

にほんブログ村

スポンサーサイト
[2017/11/11 20:55 ] | ライフオーガナイズ | コメント(0)
<<四万十町「セカンドライフ応援講座」にて講座をさせて頂きました。 | ホーム | 実家の片づけ~着物編①~>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |