『お盆の留守に隙を見せない』ための我が家の対策
お盆休みに入った方も多いことと思います。
高知では『よさこい祭り』が昨日より始まりました。
今日は本祭2日目。
お天気にも恵まれて、祭りも盛り上がっているようです。


こんにちは。
ようこそおいでくださいました。
快適生活を応援するライフオーガナイザー®
宮本ちかこ です。
高知県内でのお片付けサービスを提供しています。

お盆休み、楽しい思い出を残したいと泊りがけでお出かけされる方も多いのではないでしょうか?
でも、ひょっとしたらそんなお家が狙われているかもしれません。

もちろん、お出かけ前に戸締り・火の用心には十分気をつけておられると思います。
でも、もう一つ留守を知らせてしまうモノがあります。
お気づきですか?

それは、新聞

15024129340.jpeg


我が家も一週間ほど留守をすることがあります。
そんな時、戸締りと同じくらいに新聞には気を使っています。

新聞は毎日必ず届くもの。
だからこそ、人がそこにいるかどうかの目安にもなってしまいます。
もし、何日か留守にするのに、新聞受けにいくつも新聞が挟まっていたら・・・
「我が家は留守で~す‼」
と周り(空き巣)に知らせているようなもの。
一戸建てのお家は特に新聞受けが見えやすいですし不用心ですよね?
集合住宅でも、管理人さんがいたり、オートロックがついていても、危険が0ではないです。

電話一本で、危険度がグッと下がる「新聞の一時配達休止」、お泊まりの前にしていきませんか?
新聞は一日だけでも、事前に連絡すれば止めていただけると販売所の方にお聞きしました。
留守中の新聞が無いと困るという方には、後日まとめてお届けもできるそうです。
販売所によっても取り扱いが違うかもしれませんので、念のため問い合わせてみてください。
注意点としては、休止にした分の新聞代金は、新聞は月契約なので返金の義務はないそうです。
が、善意で返金される場合もあるそうです。
我が家の販売所では、若干返金してくれますv(o゚∀゚o)v

今日もお付き合いいただき有り難うございました。



< お問い合わせ >
引っ越しやライフスタイル・家族構成に変化のある時、
何だか家の中が暮らしにくいと感じた時、
南海トラフ地震に備え、モノを減らして安全に暮らしたい方にも。
今までの暮らし方や大切なモノを見直してみませんか?

お片付けのご相談・ご依頼は下記までお気軽にお問い合わせください。
ライフオーガナイザー®宮本ちかこ

「にほんブログ村」ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただけると励みになります(^_-)-☆

にほんブログ村

スポンサーサイト
[2017/08/11 12:17 ] | 日々のコト | コメント(0)
| ホーム |